業者と車両

スポット便の仕事事例

荷物とキャリーカート

小回りでスピードのある配達ができるスポット便ですが、基本的には困った時にサポートする役割も持っています。
そのスポット便は、実際にどのような仕事を行っているのでしょうか?

仕事事例

・軽貨物高速直行便
走行距離が50kmから200km以内の範囲程度の2時間程度で走れる距離を、そのまま直行で配達します。
宅急便の場合は、翌日以降になってしまう短・中距離も軽貨物高速直行便で当日の配達が可能になります。

・長距離便
500km前後の長距離も、夕方に荷物を預かって翌朝配達することが可能です。
急なトラブルで活用されることが多いです。

・軽貨物貸切チャーター配送
大手の運送会社では路線便を活用するため、他の貨物と一緒に配送されるのですが、単独での荷物の配送を行う場合は、軽貨物貸切チャーター配送で専用の荷物を貸切で輸送することができます。

・各方面へ同時間指定配送
他県から午前中に商品が入庫されたものを、同じ県内の各方面に向けて当日の同じ時間に指定配送することができます。
同じ方面に同じ時間に配送ができるのも、スポット便ならではです。

・ハンドキャリー配送
大至急の配送がある場合、軽貨物では時間が足りない場合にハンドキャリーにて荷物を配送することができます。
新幹線や在来線、タクシーなどを使用して手荷物として荷物の緊急搬送をすることができます。

  • 高速道路

    スポット便はETCが必須?

    軽貨物は大型車と違う部分がいくつもありますが、1回で運ぶ荷物が少ないため、稼働率を上げるためにはETCがあった方が有利になることがあります。だからといって…

    詳細を読む

  • 複数の車両

    スポット便に活用しやすい軽車両

    軽貨物運送には、それに適した軽車両を用意する必要がありますが、軽車両といっても様々な種類があります。最もスポット便に活用しやすい軽車両は、どのような車両で…

    詳細を読む

  • メリットデメリット

    スポット便を利用するメリット

    軽貨物運送には様々な配達方法がありますが、その中でもスポット便を利用するメリットはどのような部分でしょうか?…

    詳細を読む

ニュース

2018/09/19
スポット便の仕事事例を更新しました。
2018/09/19
スポット便はETCが必須?を更新しました。
2018/09/19
スポット便に活用しやすい軽車両を更新しました。
2018/09/19
スポット便を利用するメリットを更新しました。

記事一覧へ